新型キャンバス2022フルモデルチェンジでの新機能がすごい

新型キャンバス2022モデルチェンジ

2022年6月にモデルチェンジ予定のムーヴキャンバス。

 

売り上げ販売台数もタントに次ぐ人気車種。ママ世代や若い女性に特に人気のモデルとなっています。

 

本記事ではモデルチェンジ後の嬉しい変更点を書いていきます。

Twitter

本記事の内容

  • モデルチェンジで変わる所
  • 見た目の変更点

 

キャンバスを販売しているダイハツではすでにお客様用のパンフレットを見ることができます。

 

すでに予約注文も受け付けているようで、YouTubeやネットでもすでに注文者からの情報も出回っている様子。

 

めちゃくちゃ売れたキャンバスですので、それほど注目度の高い車ってことですね。

新型キャンバス2022フルモデルチェンジの変更点

Twitter

モデルチェンジと言っても外観は以前の良いところを残しているので、前からキャンバスが好きな人ならモデルチェンジ後も買いだなと思います。

 

主な変更点は下記の通り。

新型キャンバス主な変更点

  • フロントの色合いが変更
  • 電動パーキング
  • 車を降りた後もヘッドライトサポート
  • 温めドリンクホルダー
  • 置くだけ充電
  • 人気のベージュがサンドベージュに

 

1番目についたのが温め式のドリンクホルダー。軽初の導入らしく他メーカーでもみたことがありません。

 

順番に説明していきます。

フロントの色合いが変更

人気のツートンカラーは良いところはそのままで、フロント部分だけ配色が変更されていました。

 

  • ボディーのツートンは一緒
  • フロントグリル下側まで白が続く
  • 変更フォグランプ周りにパーツが付く
  • 真ん中が「C」→「CANBUS」に変更

 

外観変更は上記の通り。

Twitter

リーク画像を今のキャンバスと比較してみるとロゴは変わっているしフロントグリルのデザインが若干違います

ヘッドライトも外側から内側に入り込んでおり、全モデルより高くなっています。寄り目になった感じ。

ノッペリ感が出てこれはこれでありかなと思います。

電動パーキング

ダイハツ工業

2022年の新型キャンバスには電動パーキングがつきます。

今では軽自動車も電動パーキングブレーキが主流になってきました。これから生産されてくる車には当たり前の仕様と言えます。

停車時はシフトをパーキングに入れるのと連動して勝手にかかるので安心して使うことができます。

車を降りた後のヘッドライトサポート

ダイハツ工業

外車や高級車についているウェルカムライトやウェルカムヘッドライトがキャンバスにも装備されます。

 

ウェルカムライトとは(車種によって機能差あり)

  • 車の施錠後しばらくヘッドライトが点灯
  • 車に近づくとスモールランプが点灯

 

キャンバスには停車して車をロックした後ヘッドライトを点灯したままにして駐車場や夜道を照らしてくれる機能がつきます。

 

オンオフの設定も可能なので駐車する場所や、道の暗さによっては使い分けれるのは良いですね。

保温ドリンクホルダー

ドリンクホルダーに保温機能がつきます。上の画像のような後付けタイプで見栄えが良くないものではありません。

 

  • スイッチでON、OFF可能
  • 見栄えもスタイリッシュ
  • 運転席、助手席両方ついてる
  • G、Gターボグレードに標準装備

 

パンフレットを見る限り、見た目はただのドリンクホルダーで横に10円玉サイズのスイッチがついているだけ。

 

パッと見ではわからない程なので外観を損なわないです。冬には嬉しい変更ですね。

おくだけ充電

automesse

最新モデルからナビ下〜助手席にかけて物が置けるようなテーブル構造のパネルに変更。

 

特定のナビを付けることによってパネル部に「スマホを置くだけでワイヤレス充電できる」オプションがつきます。

 

  • 見た目は損なわない仕様
  • パネルと同色
  • テーブルに充電のマークがつくだけなのでスタイリッシュ
  • 9インチディスプレイーディオに対応
  • ワイヤレス接続も可能

 

キャンバスを買うならこの充電器は欲しいですよね。是非ディスプレイオーディを選択しましょう。

 

充電器がついていても可愛い内装を崩さないのは本当に見た目にこだわっているなと感じました。

カラー変更について

Twitter
Twitter
ストライプスセオリー
特徴2トーンカラー1カラー
色の種類8種類7色
新カラー2種類(レイクブルー、シトラスイエロー)3種類(レイクブルー、サンドベージュ、レーザーブルー

色については2つのスタイルから選べるようにっています。

  • ストライプス=2トーンカラー
  • セオリー=1カラー

キャンバスといえば可愛い色とホワイトのツートンカラーが人気でした。新型からは若干色味が変わります。

 

全体的にみるとパステルカラーに近づいたかなという印象。

人気のベージュがサンドベージュに変更

個人的に好きだったし、人気だったベージュがサンドベージュに変更されています。

 

今販売されている車種だとタフトに採用されています。ベージュが気になる方はタフトの色味を参考にすると良いですね。

 

今まではミルクティー間のあった色ですが土色っぽくなってしましました。カラーも流行りがありますので先を見越した展開かもしれません。

ストライプとセオリーの内装が全く違う

ストライプ
セオリー

ストライプとセオリーで内装の雰囲気が全く違います。

 

  • ストライプ=前のキャンバスに似て可愛い
  • セオリー=ブルーのシートとブラウンでシックな内装

 

前のキャンバス同様ツートンカラーは若者向けな印象。

 

対してセオリーは大人な雰囲気で落ち着いたカラーリングとなっています。

2022新型キャンバスなんだかんだ売れる予感

まとめ

充電器やドリンクホルダーなどの新機能が豊富ですし、見た目もそこまで大きな変更はないので「売れるでしょう」

 

ちゃんとしたカタログ、実物を見たら可愛いこと間違いないです。

 

新型キャンバス変更点まとめ
  • フロントの色合いが変更
  • 電動パーキング
  • 車を降りた後もヘッドライトサポート
  • 温めドリンクホルダー
  • 置くだけ充電
  • 人気のベージュがサンドベージュに

 

もっと細かい変更点はあると思いますが主な違いは紹介できたかと。

 

キャンバスはいまだに売れまくっていますので新型を期待していた人も多いと思います。

 

すでに予約は受け付けている様子なので気になる人はお近くのダイハツへ行ってみましょう。簡易的なパンフレットやカタログを見ることができますよ。

 

では。

リンク>>ダイハツホームページ

リンク>>キャンバスWebカタログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。