プロへ転向とは?羽生結弦がプロスケーターとして決意表明の意味

2022年7月19日17:00からの記者会見で羽生結弦選手が勝負の場から退く決意を表明しました。

 

挑戦を続けていきたいと述べ、多くの感謝を伝えていました。

 

「スケートは続けるけど勝負の場から退く」といった内容でした。

 

プロのアスリートとしてスケートは続けると語ってます。

 

そんな羽生結弦選手の決意表明の会見を振り返りつつ、プロへ転向とはどういう意味なのか解説していきます。

本記事の内容

  • 羽生結弦選手の「決意表明」の内容
  • 2022年の冬季オリンピックから決めていた
  • プロスケーターへ転向とは?

 

まずプロスケーターへ転向の意味としては「アマチュア→プロ」になることを指します。

 

オリンピック選手は皆んなアマチュアということになります。今後はプロスケーターとしてお金を稼ぎながら仕事として活躍していくということですね。

羽生結弦「アマチュアからプロへ」転向

記者会見中に「引退という言葉は好きじゃないんですけど・・・」と語っており、競技会にはもう出場しない決断を話しています。

 

終始「引退」という言葉は使わないように気を遣っていました。

 

羽生結弦選手の引退

  • スケーターのプロ転向とは?
  • 引退を感じさせるインタビュー内容

 

今まで4回転アクセルに挑戦していましたが冬季オリンピックで3連覇を逃して4位に終わったことが大きく関わっているかと思います。

プロスケーターとアマチュアの違い

羽生結弦さんの記者会見でプロのアスリートとしてスケートは続けると言っていましたが、何が変わるのかわからない人もいると思います。

 

簡単にプロとアマチュアの違い

  • アマチュア=オリンピック、世界選手権に出れる
  • プロ=オリンピック出れない。ショーなどでお金を稼げる

参考:SPAIA

 

国際スケート連盟に登録している各国のスケート連盟に加入し、選手登録をしている選手をアマチュアとよびます。

 

昔はアイスショーに出ることも禁止されており、選手権でメダルを獲得しても賞金すら出ていなかった状態でした。

 

金銭面の理由で有名になったら即プロへ転向するスケーターが増えたため、現在はスポンサーや承認を得たアイスショーにてお金を稼ぐことが可能になってきています。

 

プロとして活動するには、選手が引退届を出して選手登録を解除することが必要。プロへ転向するとオリンピックや世界選手権に出場する権利を失います。

 

現在はフィギュアスケートといったらオリンピックや世界選手権がメインとなっています。ですが羽生結弦選手のプロ転向をきっかけにプロスケーターの認知度を上げてくれると考えます。

 

ここからは記者会見の内容を振り返ります。

記者会見の内容

あえて「引退ではないここからがスタート」と語っており、現役とアマチュアの区切りがあるのが納得いかなくて「引退」という言葉は使いたくないとしていました。

 

プロとアマチュアの違いをお話しした通り、プロのスケーターとしてアイスショーやメディアに出演し、ファンを楽しませていくわけです。

 

これからはテレビやショーの出演が増える

 

今までは大会以外では羽生結弦選手を見ることはできませんでしたが、これからは生の羽生選手を見ることができるかもしれないのでファンにとっては嬉しい転向とも言えます。

 

4回転アクセルも競技では成功していないですが皆さんに見せたいし挑戦していくと語っていたのでテレビで見れる日も近いかもしれません。

北京オリンピックから引退を考えていた

2022冬季オリンピック

2022年お冬季オリンピックを振り返ります。オリンピック後のインタビューでは引退こそ宣言しなかったものの、限界や世代交代の波を感じていたのかもしれません。

スケート選手って本当に現役の期間が短いですよね。

修造さんのインタビュー

申し訳ねぇ・・はぁ・・あぁ泣きそう。テレビの前で泣くのはやなんだけどな。修造さんとは長いからな〜

全部出しきったというのが正直な気持ちです。

明らかに前の大会よりも良いアクセル飛んでましたし、あれが僕の全てかなって。

今回のオリンピックのスケートに関しては

「これ以上ないくらい頑張った」。報われない努力だったかもしれないですけど、

今回はうまく行かなかったことしか無いですけど一生懸命がんばりました。

4回転アクセルが公認されましたと聞いて

良かった・・・どんなに一生懸命頑張ってもなにも報われなかったオリンピックだったので・・・ちょっとでも傷跡が残せて、皆さんの心のなかに・・・残ればよかった。

みなさんが僕のスケートを見て何か感じてくださったり、勝敗は決して良いものではなかったかもしれないですけど・・・「羽生のスケートいいな」と思っていただけたら嬉しいです。

オリンピック後のこの時から昔のようなポジティブで勢いを感じるコメントが見えなくなったように感じます。

今までのインタビューとは違った弱さ

羽生選手は今までのオリンピックでは弱さをあまり見せたことがありません。

殆どが「次の挑戦に繋げたり」「次にトライする気持ち」を出してきました。ですが2022年のオリンピックでは、いかにも引退を思わせる「やりきった感」がにじみ出ている会見となっていました。

あたかも最後の挑戦だったかのように・・・

やはり引退を考えての発言や、インタビュー中に見せた涙も、込上がってきた気持ちが抑えきれなくなってしまったのだと思われます。

羽生結弦「引退」ではなくスタート

まとめ

羽生結弦選手の記者会見は「引退」ではなく「スタート」の決意表明としています。今までのフィギュアスケートの選手を見ていても27歳という年齢を考えるとちょうど良い年齢でもあります。

 

まだまだ4回転アクセルを成功するまで挑戦すると宣言していましたので頑張って欲しいという気持ちもあります

 

羽生結弦さんの根強いファンはかなり多いのでアイスショーのチケットも取れないかもしれませんね。

 

羽生結弦選手のこれからの活躍と挑戦を見守っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。