当サイトにはプロモーションが含まれています。

WBCメンバーに日系人がなぜ選出?選考理由には深い意味があった

WBC メンバー 日系人

2023年3月に開催されるWBC(ワールドベースボールクラシック)

アメリカで活躍している大谷や鈴木、ダルビッシュから日本人最多本塁打を記録した村上も参加する可能性が高くどのメンバーが選ばれるのか非常に注目されている今大会。

その代表選手の中にアメリカで活躍している日系人2人が初選出されたことで今話題になっています。

なぜこの大会で初めて日系人を選出したのか、栗山監督の選考理由や日系人選手について詳しく知りたい人も多いはず。

今回は「なぜ日系人を選んだのか選考理由を知りたい、どんな選手なの?」と気になる人も多いため本記事で調査を行いました!

本記事の内容

  • 栗山監督はなぜ日系人を選出した?
  • メジャーのスター選手も日本代表になるかも
  • 今回選出された2人の日系人選手を紹介

調査の結果、栗山監督が日系人を選出した理由「野球をもっと発展させるためにグローバルな形にしたい」とのこと。

現在のスポーツでは多くの日系人が活躍しており女子テニス選手の大坂なおみや男子バスケの八村塁も日本代表として戦っています。

栗山監督はWBCのメンバー選出をプロ野球選手だけにとどめず、メジャーなどで活躍している日系人もチームに入れることでさらに野球が発展していってほしいという思いから選出しています。

また今後日系人が入ることでプロ野球とメジャーのトップ選手が日本代表として同じチームで戦える可能性も高くなりさらにレベルの高い試合を見ることが出来るようになるかもしれません。

それでは栗山監督の思いや今回選出された2選手はどんな選手か詳しく見ていきましょう。

WBCメンバーに日系人がなぜ選出?選考理由には深い意味があった

栗山監督は無謀だと言われた大谷翔平の2刀流を確立させるなど野球界の常識を塗り替えてきた実績を持っています。

今回の日系人の選出も栗山監督らしく常識に捉われないスタイルで話題になっており、今後のWBCのメンバー選考に大きく変化をもたらすきっかけになる可能性が高いと話題になっています。

その選考理由や日系人選手について以下の流れで見ていきましょう。

  • 日系人選出の理由は「野球界の発展のため」
  • メジャーのスター選手が日本代表になる可能性も高い
  • ラースはヤクルト山田に近いバッティングが出来る選手
  • クワンは阪神近本のような打撃技術と走力を持つ選手

順番に見ていきましょう!

日系人選出の理由は「野球界の発展のため」

栗山監督が今回初めて日系人を選出した理由をこのように述べています。

「まだ日本の選手と横並びにしていて、僕の感覚の中で野球がもっともっと発展するために、もっとグローバルな形にしたいと思いました。日本で産まれた外国の方のお子さんが活躍する時代。そういう選手を僕も預かったことはありますが、魂はみんな一緒。今回、5~6人(の日系選手)可能性がある選手にアプローチさせてもらって、全員が日本で出たいと言ってくれている中での選択。その選手が日本の今の個々の選手よりも勝ちに貢献してくれるのであれば、そういう選手達も一緒になって野球をやる。(侍ジャパンのために)何とかしようという選手が集まるべきで、日本のファンの人達にもこれからの野球の姿として必要になると僕は思っていたので、最後まで可能性を探っていきたい。最高のチームを作っていきたいと思っています」

ナンバーウェブ

普通の監督だとプロ野球の選手にも素晴らしい選手はたくさんいるのでそこから選出してしまいそうですが、栗山監督は今後の野球界の発展も考えてもっと広い視野を持って選出したことが分かりますね。

日系人が選出される基準としては

大会関係者

日本のパスポートを取得できるかで決まる。母親や父親が日本人だと選出が出来るが祖父母などが日本人の場合は現行の規定では参加できないルールになっている。

この辺りは国籍の問題もあるのでなかなか難しい話になりますが、大会の規定が変更されればもっと選手を選べる幅が増えることになるので栗山監督の今後の発言にも期待ですね。

さらに調査を進めていくとメジャーで活躍している日系人が多いことが分かりましたので詳しく見ていきましょう。

メジャーのスター選手が日本代表になる可能性も高い

blank

ここではメジャーで活躍している日系人の紹介をしていきます。

今後大会の規定でもっと選手選考の幅が広がれば日本代表として活躍する選手も出てくる可能性が高いのでチェックしておきましょう。

ケストン・ヒウラ

生年月日  → 1996年8月2日(26歳)

投打    → 右投右打

ポジション → 一塁手

経歴    → 2017年にMLBドラフト1巡目でプロ入り、現在もメジャーで活躍中。

人物    → 日系3世で父親は日系、母親は中国系。ミドルネームは「ナツオ」

クリスチャン・イエリッチ

生年月日  → 1991年12月5日(31歳)

投打    → 右投左打

ポジション → 外野手

経歴    → 2010年にMLBドラフト1巡目でプロ入り。

        2019年にはオールスターに出場するなど実力のある選手

人物    → 母方の祖父が日本人で日系3世

カート・スズキ

生年月日  → 1983年10月4日(39歳)

投打    → 右投右打

ポジション → 捕手

経歴    → 2004年にMLBドラフト2巡目でプロ入り。

        2022年には大谷とバッテリーも組み活躍したが現役引退を発表した。

人物    → ハワイに移住した日本人先祖を持つ日系4世

クリスチャン・イエリッチ選手はかなり能力が高い選手でサイクルヒットを何度も記録するなど走攻守の3つが揃った選手です。

この選手が日本代表に加わると考えたら一気にレベルが上がりそうですよね。

またカート・スズキ選手は大谷が投手で試合に出る際にバッテリーを組んでいたのでニュースで見たことがある人も多いのではないでしょうか。今シーズン限りでの現役引退を発表していますが今後コーチとして日本代表に選ばれこともあるかもしれませんね。

それでは次に今回初選出された日系人選手を詳しく見ていきましょう。

初選出された日系人選手を紹介

blank

今回WBCの予備選手登録をされたのは50人でその中に日系人のラーズ・ヌートバー外野手とスティーブン・クワン外野手の2人が選出されました。

まだ本戦に出場が決まったわけではありませんがアメリカでの野球をメインにしているので国際大会では大きな戦力になってくるかもしれません。

各選手の特徴を紹介していきますね。

ラースはヤクルト山田に近いバッティングが出来る選手

名前ラーズ・ヌートバー
生年月日1997年9月8日(25歳)
投打右投左打
ポジション外野手
特徴打撃では長打力と選球眼の良さが魅力
外野ではスピードを生かした守備で広い守備範囲を誇る

ヌートバー選手は打撃では引っ張りを得意とするプルヒッターで、パワーとスピードを兼ね備えた選手です。

打撃力も守備力も高いことから日本で似ている選手だとヤクルトの山田選手だと言われています。

また日本人選手とは違いアメリカのピッチャーを相手にしているので国際大会では適応も早く結果を出す可能性が高い選手です。

クワンは阪神近本のような打撃技術と走力を持つ選手

名前スティーブン・クワン
生年月日1997年9月5日(25歳)
投打左投左打
ポジション外野手
特徴オールラウンダーでなんでもこなす器用な選手
打撃では空振りが少なく高い出塁率を残す

クワン選手は三振が少なくスピードがある選手なので高い出塁率を誇る選手です。

日本人選手で例えると阪神の近本のような選手ですね。

ヌートバー選手と同じくアメリカ投手との対戦が多いので上位打線に置くことでチャンスを演出してくれるかもしれません。

この2人が選ばれたら日本人選手とどのような戦いをしていくのか非常に楽しみですね!

日系人が日本代表で活躍する日は近いかも

まとめ

ここまでWBCメンバーの日系人についてお話をしてきました。

今後大会規定に変更があれば日本と日系人のドリームチームができる可能性があるので楽しみにしておきましょう!

この記事のまとめになります。

まとめ
  • 日系人選出の理由は「今後の日本野球界の発展のため」
  • アメリカで活躍している日系人も多い
  • ヌートバー選手はヤクルトの山田のようにパンチ力のある選手
  • クワン選手は阪神の近本のようにスピードが持ち味の選手

日本はここ2大会優勝から遠ざかっており今大会は実力のある選手が揃う可能性が高く優勝も期待されています。

日本代表がどのような熱戦を繰り広げてくれるのか是非チェックしておきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!