新型ヴォクシーが【ダサすぎると話題】フロントグリルどうした?

2022新型ヴォクシー

トヨタのヴォクシーが1月にモデルチェンジする予定となっています。

 

すでに各ディーラーに搬送されているようでSNSでは画像が出回っています。今の時代は発表前に全貌が明らかになってしまいますね。

Twitter

本記事の内容

  • 新型ヴォクシーがダサいと話題
  • 今までの新型はみんなそうだった
  • 売れてきて見慣れてくると予想

 

今までのアルファードやヴェルファイアも大胆な顔の変更と当時は「気持ち悪いグリル」と言われていて受け入れられずに話題となっていました。

 

今回のヴォクシーもそんな感じでツイッターで話題となっています。

新型ヴォクシーが大胆デザインに一新

toyota

トヨタでも人気の中級クラスのミニバン「ノア」と「ヴォクシー」。待ち望んでいた人も多いのではないでしょうか。

 

ですが今回のモデルチェンジが皆さん受け入れられない様子。

 

というのもヴォクシーはモデルチェンジしても「前のモデルの良いところを残しつつカッコよく変更を遂げてきた」という背景があります。

 

ただ今回は全貌が一新してしまったんですね。

 

  • フロントグリルがダサい
  • 今までの新型もダサいと言われてきた
  • カッコよく見えてくるトヨタの魔法

上記の内容で話を進めていきます。

 

なんというか最近のトヨタは「グリルがデカければいいと思ってませんか?」と言いたいところですが対するノアはスタイリッシュなデザインとなっていますので。

 

デザインに差をつけて同時販売するのもトヨタの販売戦略かと思います。

フトントグリルがダサいと話題に

今回の新型ヴォクシーはかなり大胆なフロントマスク仕様。というかフロントバンパーがほぼラジエーターグリルみたいになってます。笑

新型ヴォクシーのでかいグリルをキャラクターに例えたツイートが面白かったです。

テズ
そっくり・・・

ポケモンやプレデター、ヴェノムなどの「口のでかいキャラクター」に例えられています。

 

それほどまでにインパクトのある顔なんですよね。

いままでの新型もダサいと言われてきた

トヨタで人気の「アルファード」と「ヴェルファイア」がいい例です。2015年に発売開始した上の写真のモデル(AGH30W)も最初「セミみたいな顔」とかボロクソ言われていました。

 

新しいデザインって新型発表当初はあまり受け入れられない傾向があります。

このツイートの通りでいくらデザインが斬新なものだろうと売れちゃうんですよね。

 

今トヨタにミニバンを見に行ったら間違いなく新型ヴォクシー、ノアを進められることでしょう。トヨタの販売戦略ってすごいです。

カッコよく見えてくるトヨタの魔法

今回のヴォクシーもGR仕様が販売する模様。GR仕様は両サイドにフォグランプが付いておりグリルも小さくなっています。

 

テズ
普通にカッコいいではないか

ステップワゴンとヴォクシーを比べている人もいます。2022年は新型車が続々と販売されるので購入を検討している人は選ぶのが大変。

新型ヴォクシーも見慣れてカッコよくなる

まとめ

色々と言われていますが私はすでに写真を見すぎてカッコよく見えてきています。笑

 

GR仕様なんかはヤンキー臭がちょっとしますがイケてます。

 

テレビCMやトヨタ公式の発表はまだですが、すでに各ディーラーに搬送が終わっているので1月の第3週あたりで発表ではないかと思われます。

 

ここまで画像が出回っていますから店頭で見れるのもすぐですね。

 

気になる人はトヨタ公式をチェックしてみてください。では

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です